スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「Movin' Up↑」のライブに行ってきました

SN3C0022.jpg


今日はニューコンボで「Movin' Up↑」のライブをみました。

田口悌治(gtr)
桜井ゆみ(vo)
丹羽肇(b)
山部三喜男(ds)

この顔合わせ実は今日が初めてだそうです。
田口さんはいつものフルアコではなくポール・リード・スミスのソリッドギターですべての曲をプレイ。
エフェクターもディストーションやワウ、デジテックの得体のしれないペダル、ほかにも沢山みたこと無いのが並んでました。
氏が沢山のエフェクターを駆使して演奏してるのを初めて見たかも。
シンセギターみたいな音も沢山聞こえたけど、デジテックのエフェクターだそうです。

ベースの丹羽君もウッドベースじゃなくてエレキの6弦ベース。
ライブで丹羽君のエレベ聞くのは初めてでした。
キーボードレスということもあってか和音をちょこちょこ駆使しててバリエーションに富んだプレイでこれも新鮮でした。

割とロック色の強いライブで、しかもアレンジが凝ってる。

いつもAWESOMEでやってるあの有名な曲も7/8 & 6/8拍子という拷問のようなアレンジ、刺激になりました。なんとアレンジはヴォーカルの桜井さんだそうです。
聞いてる私も一緒に拷問されてるような手に汗握るすばらしい演奏でした。

山部君のプレイもすばらしかった。さすがです。
初顔合わせで当日リハだけでなんで出来るんだろう。。。

それに桜井さんのヴォーカル、今回も落ち着いた安定感のある歌とおしゃべりで楽しませていただきました。

次は混ぜていただけるよう私も人知れず精進したいと思います。


8.20には田口悌治氏のアルバムが発売されるそうです。
今回はストイックにもギタートリオのアルバムだそうです。
ジャイアントステップスをはじめたくさんのスタンダード曲が収録されているとのことで、どんなアレンジがなされてるのかすごく楽しみです。

さらにJazz Lifeという雑誌の9月号で田口氏の特集が6ページにわたって掲載されるとのこと。インタビューやニューアルバムのギタープレイの解説などが載るそうです。

テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 日記

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。