スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キッズ・ミュージカル・TOSU「虹のあどれす」

明日と明後日、キッズ・ミュージカル・TOSUのオリジナルミュージカル「虹のあどれす」の公演が鳥栖市民文化会館であります。

2006_12_08_1.jpg

(写真は今日のお昼を食べたハーブ料理屋さんで飲んだハーブ水。プチハーブ三潴)

かれこれ4回目の公演ですが、今回は衣装や背景のセットなどが一新されかなり豪華な感じです。
曲は全曲私が書いております。(30曲ほど)
自分で言うのもなんですが...いい曲が沢山...ありそでなさそな...(^_^;;;)

台本もいいお話で毎回うるうるしてます。
こどもたちの演技も鳥肌物です。
今回が最後の公演になるらしいので是非皆さんお越し下さい。

今回はパーカッションがお休みで、演奏は3人、指揮とSE出し担当の方とあわせて4人でやります。
以前はハードディスクレコーダーのオペレータが別にいたのですが今回は私がpfひきながらやります。

頭出しし、譜面めくり、演奏と息つく暇も無い状態でどんどん進みます。
(譜面めくりだけでもバイト雇えばよかったと後悔してます...)

メンバーは私と、ギター久米氏、ベース安部氏、指揮&SE叩きの大島氏。

キッズミュージカルTOSU
第4回公演
「虹のあどれす」ファイナル
12月9日 土曜日
    17時30分開場
    18時30分開演
12月10日 日曜日
    13時開場
    14時開演
鳥栖市民文化会館
おとな1500円/当日1700円
高校生以下1000円/当日1200円

となってます。

当日サウンドトラックのCD発売も有りますので是非皆さん記念にどうぞ。

なかなかここまで曲を作り込むミュージカルはやる気会が無いので、最終公演でもありますし是非皆さんのお越しをお待ちしております。

2006_12_08_2.jpg

(オケピの中)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

音楽業界・編曲家の仕事

アレンジャーともいわれる編曲家の仕事。そのアレンジ次第で曲のイメージは大きく変わる。時に、プロデューサーや制作総指揮の役割も兼任し、作品のテーマや方向性をも決定する重要な役割を果たす。そのさきがけといわれているのが、ピアノ曲の代表的作曲家ドビュッシーの...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

初日なんとか無事に終わりました。
ほぼ満員のお客さんでありがたい事です。
m(..)m


リハとゲネプロと3回通しをやったのに...
そのときには何も無かったのに...
ギターが途中で出なくなっちゃった...

でもお客さんには解らないようになんとか対処しました。

疲れた。。。

いよいよ明日最終日。

自分の曲をこんなに大勢の人たちに聞いてもらえるのは嬉しいですね。

(見てない人には全く分からない話ですが...)
私が一番ウケた台詞は「みんなには内緒だよ」
私が毎回ウルウルきてしまう台詞は「私は、これから行くの!」
です。

明日は本当に泣いちゃうかもです。
(キモイですかそうですか)

今日、観劇(感激)しました。
前回の公演より衣装と演出が断然良くなっていました。

私が今年、ミュージカルを観劇(筑後市民ミュージカル・劇団パワーキッズ)した中では、「キッズ・ミュージカルTOSU」が一番好きかなd(>(ェ)< ) 

短期間で、あれだけの人数の子供たちを改に演出した平田さんはとても凄いですね!!

でも、なんたって、「虹のあどれす」の曲を担当したZUNさんが素晴らしいかな♪

明日観に行ける方はぜひお勧めします。
観劇後はサウンドトラックCDを買うことを忘れずに・・・笑 
家で聴けば舞台の余韻に浸ることが出来ますよ(^^♪

ファイナルって、本当に終わっちゃうのかな?

ZUNさん、明日も頑張ってください!!!!

ありがとうございます!
頑張ります!

あー 今日も明日も仕事です、すみません。

サントラCDだけでも通販できないでしょうかね・・・

そうそう平田亮さんの芝居を佐賀に近々見に行く予定があります。

ありがとう!
是非ストーリーとこどもたちの演技を見てほしかったなぁ...
でも仕事は最優先ね。

下のHPに事務局のメルアドが載ってます。
メールで問い合わせてはいかがでしょうか。
DVDもあると思いますよ。
(今回の公演のはちょっと遅れるとおもうけど)

http://kidstosu.nobody.jp/

舞監です
お疲れ様でした
いろいろとハプニングはありましたが無事に終わりました
お掃除ダンスが終わった時、子ども達が既に泣いていました
まだフィナーレとカーテンコールがあるのに…
終わりが近づくのを感じてたんでしょうね
まだまだ終わってないぞ~って励ましながら照明さんへの
キュー!

子ども達はよくがんばりました
そして素晴らしい演奏、ありがとうございました!

本当にお疲れさまでした!
舞台も大変だったみたいですね(あおりとか)
オケピもオケピで緊張感ある2日間でした。
またご一緒出来る日を楽しみにしています!

石橋作・編曲家さま
大島音楽監督さま

去る12月9日、10日の2日間の公演。オケピットでパフォーマンスされた演奏家の皆さん、本当にお疲れさまです。

こころからブラボー!です。

第4回公演で活躍した89名の子ども達は、こんなに素晴らしい輝きに帯び、高いメッセージ性を含んだ「音楽」に出会えて、幸せでした。

悔しいというか、羨ましくて涙が出ます・・・。

石橋メロディーに、散見する艶に溢れたフレーズ、そして大島音楽監督の優れた編集は、後世、日本の市民ミュージカルの歴史に残る秀作だと認識しています。

考えてみれば・・・、石橋作・編曲家も大島音楽監督も、我々(保護者)と同年代。

物心ついた頃から、70年代の“歌謡曲”、続く80年代の“ニューミュージック”の、既製品的な音楽環境の中で育ちました。

大人になった石橋・大島両氏は、それでは飽き足らず、西洋音楽を分解・解析し、本格的に「音源」というものを創意創作した開発者でしょう。
YAMAHA・DX‐7の登場と共に、MIDIの黎明期を創り上げたパイオニアでもあります。
そして、なによりも、洋楽より大きな商業ベースとなった昨今のジャパンポップスの“土台”を築いた「本質追求型」の音楽プロデューサーです。

私は心の中で、九州(否、日本の)デビット・フォスターや「MIDIの申し子」と呼んでいます。失礼でしょうか・・・。

とにかく、子ども達の元気な歌声を聞くと、同時に、感慨深くなります。何度、聴いても胸にじぃ~ん・・・と来るものがありました。

団員の子ども、親達両方を感動させた、素晴らしき音楽プロデューサーにバンザイです。

両氏の次回公演のお仕事を含めて、これからの益々のご活躍をお祈りします。


感謝。

団員パパより

ありがとうございます!

おほめいただいて光栄です。


二日間で2200~2300人の動員があったという事で、皆さんのおかげでこんな大舞台に立てて光栄でした。
帰りにハンカチで目頭を押さえながら帰られるお客さんも沢山いらしたらしく、本当に子どもたちの演技力とそれをまとめあげた平田さんと大島さんには脱帽です!

主役の子の演技、特に2日目のヘロン・ホロンと別れるシーンや最後の「足がこってる...」からのシーンは私もオケピで演奏しながらうるうるしていました。
モグラの子も芸達者ですごくいいアクセントになってますよね。
それに5人組の歌も最初の公演の頃に比べると格段にうまくなってました。

大勢で歌う曲も複雑なハモリのパートもちゃんと歌えてましたね。
一応ハードディスクの方にハモリのパートとかいつでも足せるように準備してましたが、大島さんがどんどん下げろとおっしゃるので結局自力の歌しか聞こえてなかったと思います。大島さんの指導と判断のおかげですね。

団員パパさん、色々音楽にお詳しいですね!

確かに私が中学高校の頃は、YAMAHAのDX7やKORGのMS20辺りから電子音楽やMIDI、Mac、Rock、ニューミュージック、歌謡曲、古賀メロディー(大川出身なんで...)など、音楽的好奇心の固まりでした。

今は時間と人件費削減のためにシーケンサを使っているという心持ちですが、出来るだけ生の人間の息づかいのこもった音楽制作を目指して頑張っています。

RiZの作品もその頃の好奇心を思い出しながら大事に作っています。
RiZ共々これからもよろしくお願いします。

またミュージカルやりたいですね。新作を!
リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。